お役立ち記事

【現役美容師が教える】お風呂上がりの髪は乾かした方がいいの?自然乾燥でも大丈夫?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お風呂上がりに髪の毛を乾かした方がいいとは聞くけど、時間がかかるし、面倒だし大変ですよね。でもきちんと乾かすことが健康な髪、頭皮への第一歩。

1.髪を乾かした方がいい理由

まずは頭皮を清潔にしておくことが大事!

お肌のゴールデンタイムは入眠後約3時間後と言われています。

頭皮もお肌と同じ。その時間帯に不潔な状態にしておくことが問題です。

髪も濡れている状態が外からの刺激に弱くなっています。

頭皮の為にも、髪の為にもドライヤーで素早く乾かした方がいいと思います。

また、寝グセも付きにくくなりますから、朝のお手入れが楽になりますよ。

2.乾かさないと髪や頭皮にどう影響するのか

濡れたままの状態で寝てしまうと髪や頭皮に残っている水分により、枕や頭皮に雑菌が繁殖し易い環境になり、フケ・かゆみ・皮膚病の原因になってしまいます。

また、濡れている状態の髪は膨潤してキューティクルが立ち上がっているので剥がれやすく、摩擦や刺激に弱くなっています。

濡れたままで寝ると枕との摩擦で髪が痛む原因になります。

3.乾かすのはドライヤー?自然乾燥?

ドライヤーの熱は確かに髪を傷める原因の1つですが、だからといって自然乾燥がいいと言う訳ではありません。

自然乾燥で乾かすと表面のキューティクルが立ち上がったまんま乾いていまい、艶がなく、ダメージにも弱い状態になります。

自然乾燥の日々を繰り返すと、毛がダメージで乾燥していき、絡まりやすくなり、枝毛の原因にもなります。

ドライヤーで乾かす時の注意点は、髪の中に必要以上に水分を含んだ状態でドライヤーをあてると、熱で髪の中の水分が沸点に達し乾燥や縮れ毛の原因になってしまいます。

 

ドライヤーで乾かす時は

  1. シャンプー後はタオルドライで出来るだけ優しくしっかりと水分を取る。
  2. ドライヤーは頭から20センチほどはなしてまずは根元に温風を送ります。
  3. ある程度髪が乾いてきたら優しく指を通しながら温風を根元から毛先に向かってあてていきます。

※水分がなくなるまで完全に乾かすことが大事です。

 

キューティクルが閉まって艶がある手触りの良い状態になるでしょう。

濡れている時の髪の毛は刺激に弱いのですが、乾いた状態では強くなります。

4.プロが教える髪を乾かす時短テクニック

髪を乾かすのが大事なのは、もうわかりましたよね!

とは言っても時間がかかるし、面倒くさいなー。

その気持ち分かります!

 

美容師が実際にしている時短テクニックをいくつかご紹介しますね!

◯ドライヤーの風量が強いものを使う。

ドライヤーの風量は基本、ワット数で異なります。ワット数の高いものほど風量が強くなります。これだけでも時間はかなり短縮されますよ。

 

◯速乾性のタオルを使う

通常のタオルより吸水性がたマイクロファイバーのタオルを使う。

しかしマイクロファイバーは研磨効果があるので、あまりゴシゴシこすると髪を痛めてしまう可能性があります。ですのでターバン状になったものを巻いておく方がオススメです。

 

◯時間を上手に使う

お風呂上がりにすぐに乾かすのではなく、ひとまずタオルドライをした後は、タオルでターバンをして髪の毛を包んでおきます。次にお顔のお手入れなどを済ませ、その後に乾かすとある程度タオルが水分を吸ってくれているので、乾かす時間がグンと短くなりますよ!

5.もしもどうしても乾かすのが出来ない日は…

仕事や育児、飲み会の後などで乾かすのが出来ない日や、出来なかったって日もあると思います。

どうしてもという日はタオルを巻いたまんま寝ることをお勧めします。

そうすると朝になっても完全には乾きづらいので湿った状態になります。

水分が残っている状態なので寝癖もつきにくく、タオルで覆っている状態なので摩擦によるダメージも軽減できます。

あくまで応急処置になるので朝起きた時にドライヤーできちんと乾かしてあげてくださいね。

濡れたまま寝た後は枕に雑菌が増えてしまいますので、洗濯をして乾燥させてくださいね。

最後に

参考になったでしょうか?

キレイな髪はキレイな頭皮からしか生まれません。

キレイな髪や頭皮は日々のちょっとした心がけで手に入ります!

お金をかけずに始めれるので、すぐにでも始めちゃいましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

CAPTCHA